骨は毎日作り替えられている🌼

歯と骨の間には歯根膜というクッションのような組織があります。歯へ矯正力を加えると歯根膜が骨に働きかけます。

骨は日々、古い細胞が吸収され新しい細胞へ作り替えられているので、歯に矯正力が加わると歯根によって圧迫された側の骨が吸収され、歯は空いた隙間へ移動します。移動することによってできた隙間には新しい骨がつくられ、結果として歯が移動していくのが歯列矯正の仕組みです。

骨が作り替えられることで歯は移動するのです。

コメント

*
*
* (公開されません)