学校歯科検診は何を診るのか

学校歯科検診では主に次の3つを診ています!

①むし歯のチェック

お子さんのむし歯の有無をチェックします。むし歯がある場合には、むし歯の進行具合をチェックしています

②歯肉のチェック

歯周病は歯肉炎と歯周炎に大別されます。近年、歯周病の初期状態である歯肉炎になる子供たちが増加しており、学校歯科検診でも歯肉のチェックを行います

③不正咬合のチェック

すべての不正咬合が指摘されるのではなく、将来的に咀嚼機能を含めたお口の機能に影響するような不正咬合のみが対象です

コメント

*
*
* (公開されません)