入れ歯のケア

入れ歯は食べカスなどの汚れだけでなく、目に見えない汚れもケアすることが大切です。

汚れの種類には

・細菌 

・真菌

・食べカス

・歯垢

・タバコのヤニ、茶渋などがあります。

下の写真は一見、清潔に見えるかもしれませんが、プラーク染め出し液で染めるとプラークが付着しているのがはっきりと分かります。

しっかりと入れ歯のケアもしていきましょう!

コメント

*
*
* (公開されません)