入れ歯安定剤の種類

入れ歯安定剤の種類には水に溶けるクリームタイプ、パウダータイプ、シートタイプ、水に溶けないクッションタイプがあります。

①クリームタイプ

入れ歯と歯茎がピッタリ合っている適合のいい入れ歯に使う事でよりしっかりと入れ歯を安定させるタイプです。厚みが出ないため違和感が少なく歯茎や歯槽骨への負担も少ないタイプです。

②パウダータイプ

クリームタイプより持続時間が短いタイプ。短時間使用する時におすすめです。

③シートタイプ

使用する分量だけ、持ち運びしやすいタイプです。

④クッションタイプ

入れ歯と歯茎の間の隙間が大きい場合に、隙間を埋めて安定させるタイプです。金属床の入れ歯には使用できません。                                       水に溶けないタイプ。取り残しがあると不衛生になるため安定剤を剥がす際には注意が必要です。

コメント

*
*
* (公開されません)