子どもの過剰歯

過剰歯とは先天的に多く存在する歯のことです。過剰歯の好発部位は上顎正中付近です。

過剰歯は、隣接する永久歯の萌出や歯根形成の障害となることがあります。

正中埋伏過剰歯は正中離開を引き起こすこともあります。

上顎中切歯間に萌出した過剰歯は同じ歯列内の他の永久歯の萌出障害につながるため、早期の抜歯が必要です。

抜歯後の隙間は自然に閉じることもありますが、矯正治療が必要になることもあります。

過剰歯は複数存在することもあります。

埋伏過剰歯が他の歯や歯列へ影響を与えない場合、経過観察とし、永久歯の歯根完成後場合によっては過剰歯を抜歯することもあります。

乳歯が抜けているところの永久歯があるか歯科医院で診てもらいましょう!

コメント

*
*
* (公開されません)