無糖の炭酸水

~砂糖の入っていない炭酸水は歯によくないのか?~

飲んでいるのが、純粋な炭酸水であれば、歯への影響は小さいと考えられます。

一般的に、原材料が水と二酸化炭素のみの純粋な炭酸水は、ph(酸性度)が5程度の弱酸性の飲料です。

純粋な炭酸水は、コーラなどの炭酸飲料(ph2.5~3.0)と比較して酸性度が弱く、また摂取後は一時的にphが低下するものの唾液

によって短時間で臨界ph値の5.5以上に回復します。

このことから酸蝕症のリスクは完全には否定できませんが、心配するほどではないと考えられます。

一方、レモンなどの風味付けに酸味料(主にクエン酸)を添加することで、コーラなどの炭酸飲料と同等の酸性度を示す炭酸水

(砂糖なし)もありますので、成分表示を確認するなどの注意が必要です。

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)