歯周病とIgA1

IgAは、私たちにとって身近なお口の病気である歯周病とも関係があります。

歯周病の原因は、お口の中の歯周病菌。毎日お口の中を清潔に保っていれば大きな問題を起こすことはないのですが、歯磨きが不十分で、細菌が増えたり活発になったりしたときには問題がおきます。

歯ぐきが赤くなったり、腫れたり、歯磨きの時に血がでたり。放っておくと、歯の周りに歯周ポケットという深い溝ができ、その中にすみついた細菌はますます増殖し、歯ぐきの炎症をどんどん進行させます。

最終的には、歯を支えている骨までもが溶け、歯がグラグラになってぬけてしまうこともあります。

さらに歯周病菌は血管を通って全身をめぐり、糖尿病や動脈硬化、心筋症などの全身疾患を引き起こすことが分かっています。

お口だけでなく、全身の健康をおびやかすという点でも注意が必要です。

 

コメント

*
*
* (公開されません)