口の中全体から細菌はどう減らす?

では、舌、頬粘膜、歯ぐきなどにはどんなアプローチが効果的なのでしょうか?

それは口腔内環境改善のための洗口液で口の中をまんべんなくうがいすることです。

口腔内環境改善のための洗口液はここがすごい!

①歯磨きで歯の表面から剝がれた細菌の一部は、うがいで吐き出されます。しかし残った細菌は口の中を漂い、再び歯や粘膜にくっついて増殖し始めてしまいます。

一方、口腔内環境改善のための洗口液を用いると細菌はそのまま洗口液とともに口のそとへ。

続けることで少しずつ細菌が減り、口の中がきれいになっていきます。

②唾液もきれいに

口の中がきれいになると、唾液に含まれる細菌量も減ってきれいな唾液に。そのきれいな唾液が口の中に行きわたることで清潔が保たれて、長時間細菌が少ない状態を保つ相乗効果が生まれます。

③なめらかに口の中すみずみまで届く

口腔内環境改善のための洗口液は、口の中でなめらかに広がるのがポイント。

自分の思ったところにしっかりいきわたらせることができます。

また、歯と歯のすき間や歯並びが悪く歯ブラシが届きづらいところに入り込むのも、洗口液ならではの特徴です。

 

コメント

*
*
* (公開されません)