誤嚥性肺炎

~誤嚥性肺炎が起こるメカニズム~

高齢になり飲み込む力が弱まると、誤嚥しやすくなります。加えて唾液や食べ物が気管に入ったとき、それ以上の侵入を防ぐ反射機能が低下していた場合、むせることができなくなってしまうのです。すると食べ物はそのまま肺へ。

このとき、歯ぐきから出血があったり歯がぐらついているなど口の中の状態が悪いと、食べ物や唾液にくっつく細菌の量も増加。

誤嚥性肺炎発症のリスクが高まります。

☆そのほか胃から胃酸を含む内容物が逆流した際、誤嚥を起こして発症する場合もあります。

コメント

*
*
* (公開されません)