歯周病の原因

・歯周病は、体(歯周組織)とバイオフィルムの相互バランスが崩れることで発症します。

・お口の清掃不良によって歯肉の上皮のバリアが破壊され、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットというすき間ができ、歯ぐきに潰瘍ができます。

・歯周病で歯ぐきから血が出ると聞いたことがあるかと思いますが、この出血は歯ぐきの内側の潰瘍からでています。

・歯周病菌がこの出血した血液を栄養素として増殖します。バイオフィルムの病原性が高くなることで歯周組織を破壊し、ひいては歯を失うことになります。

 

歯周病はお口の問題だけではありません。

近年、歯周病は、様々な全身疾患に悪影響を及ぼすと言われています。

歯周病を改善させることで、それらの全身疾患のリスクを低減させることができます。

妊娠中の方は早産、低体重児出産のリスクがあがるため気を付けましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)