歯並びの乱れ

③習慣

きれいな歯並びは正しい機能から生まれ、維持されるものです。

指しゃぶりや舌癖などの口腔習慣、耳鼻道器官系疾患による口呼吸、異常嚥下癖、頬杖や姿勢などで不正咬合になっていく子供たちがいます。

これらの習癖の異常は、開咬や上顎前突、顎変形症などの重度の不正咬合になっていくことが多く、異常を確認した時点で改善に努めることが大切です。

習癖を改善することが目標ですが改善しない場合、そのことで歯並びが悪くなることを伝えなければいけません。

コメント

*
*
* (公開されません)