歯並びの乱れ

④骨格性(遺伝)

かかりつけ医として、家族単位で治療を行っていると、明らかな骨格性の反対咬合や顔貌などに、遺伝的な要因を強く感じることがあります。

このような遺伝的な要因が強い不正咬合の場合には、矯正専門医による治療が必要です。

 

これらのような原因が分かったらなるべく早めにかかりつけの歯科医院で適切な治療をうけましょう!

 

コメント

*
*
* (公開されません)