うつぶせ寝、横向き寝、頬杖のサイン①

~うつぶせ寝、横向き寝、頬杖が疑われるサイン~

うつぶせ寝、横向き寝、頬杖をしていると、個人差はあるものの、加わる力の方向をそっくり写し取ったように、ゆがみが歯軸歯列弓に現れます。

子どもの歯列にこうしたサインを見つけたら、態癖の存在が疑われます。

 

☆うつぶせ寝

・うつぶせ寝をしていると、枕の当たっている歯列が直線状に押し込まれる

・1歯だけでなく、複数の歯がフラットに内側に入り込んでいる場合は、うつぶせ寝が疑われる

 

☆横向き寝

・横向き寝をしていると、枕の当たっている歯列が舌側に入り込む

・顔と枕の間に手や腕を挟む横向き寝の場合、挟まれた手や腕の形を映し出すように歯列が内側に倒れていく

・枕が歯列にあたらないならば、横向き寝をしても問題はない

コメント

*
*
* (公開されません)