ミュータンスレンサ球菌の特徴1

ミュータンスレンサ球菌は保護者の唾液を介して乳幼児にうつります。

乳幼児に歯が生えていなければ、伝播した菌は定着することなく、一時通過菌として舌背から食道に落下します。

歯という足掛かりがないため、そのまま食道に転落してしまうのです。

 

~保護者のミュータンスレンサ球菌を減らそう~

伝播のリスクを減らすには、伝播の源となる保護者の口腔環境の改善が必要です。

歯科医院でむし歯の治療やブラッシング指導を受けて保護者の菌を減らし、口腔管理の重要性を自覚する事が大切です。

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)