赤ちゃんのむし歯菌はお母さんから伝わる

元は、赤ちゃんのお口の中に存在しないむし歯菌ですが、奥歯が生える1歳6ヶ月頃に、周囲の大人の唾液を通して感染します。

世界的にみて、ミュータンス菌は、母親の唾液から感染する母子伝播がとても多いのです。

日本人の大人の約9割にミュータンス菌がいると言われています。

そのため、周囲の家族や大人が自身のミュータンス菌を減らして、赤ちゃんに伝播させないようにすることが大切です。

~感染しやすい時期は1歳6ヶ月~2歳7ヶ月~

ミュータンス菌は、砂糖をエサにしてグルカンというネバネバ物質をつくり歯の表面にくっついて感染します。

複雑な形の乳臼歯が生え、糖分を摂取する機会の増える1歳6ヶ月頃から乳歯列が完成する2歳7ヶ月頃までが1番感染しやすいのです。

コメント

*
*
* (公開されません)