妊娠中のお口のケア

妊娠中は食生活が不規則になって口腔内環境が悪化しがちなうえ、唾液の変化、体調の変化、つわりなどで、いつもどうりのブ

ラッシングができにくいものです。

そんな時は、無理をせず、出来る範囲でお口のケアに努めましょう。

自分で出来ないときは、歯科医院でクリーニングするだけでも、何もしないよりはお口の中を清潔に保つことができます。

キシリトールガムやタブレットも、どのタイミングでもいいので摂取することで、プラークの粘着性を低めたり、唾液の分泌量

が増えて歯の再石灰化を促進する効果などが期待できます。

食後すぐに水で強めのブクブクうがいをするだけでも、食べかすを取り除く効果があります。

気分がすぐれないときは、小児用の歯ブラシやワンタフトブラシなど小さめの歯ブラシを使うのもおススメです。

コメント

*
*
* (公開されません)