歯磨剤の泡立ちでブラッシング時間が短くなる?

発泡剤が多いと泡が立ちすぎてブラッシング時間が短くなると考えている方がいますが、発泡剤の量はブラッシング時間には影

響しないことが確認されています。

泡立ちは有効成分を口腔内のすみずみまで行き届かせるためにも重要です。

そのため、口腔内にいきわたるように意識してブラッシングしましょう。

泡が立って磨きにくいという方にはブラッシング前に唾液を吐き出したり、歯ブラシに歯磨剤をのせる前に水をつけないように

しましょう。

ブラッシング時の水分量を減らすことで、泡立ちを抑えられます。

コメント

*
*
* (公開されません)