ドライマウス2

ドライマウスは、全身疾患のサインとも言われているので、初期のうちに生活習慣を見直しましょう。

対処1~水分補給と食生活の見直し~
高齢になるほど体の水分量は低下しています。
また、水分摂取を嫌う、面倒に思う傾向になりがちなのでまずは水分補給をしましょう。
のどの渇きを感じる前に、こまめに水分をとることが大切です。

食生活においては、香辛料などの刺激物やアルコール飲料の飲み過ぎに注意しましょう。

対処2~歯磨剤の見直し~
日常生活で身近な歯磨剤を例にあげると、市販の多くの歯磨剤に含まれている発泡剤は、口腔粘膜を保護する唾液成分「ムチン」を破壊し、ドライマウスを助長すると言われています。
また、乾燥した粘膜は、アフタ性潰瘍を誘発すると言われています。
ドライマウスの方には、特に発泡剤に注意する必要があります。

コメント

*
*
* (公開されません)