歯肉炎

口腔内に歯周病菌がやってきます。歯周病の原因となる細菌は複数あり、どれも酸素が苦手なのが特徴です。

口腔内にやってきた後は酸素が届かない歯ぐきの中に浮遊しています。

細菌が多いほど炎症も起こりやすいので、歯肉炎の予防、改善には隣接面の歯ぐきの中のケアが大切です。

では、この部位の細菌はどうやって取り除けばいいのでしょうか。普段使っている歯ブラシやワンタフトブラシ、歯間ブラシな

どでは歯ぐきの中の細菌は取り切れません。

ここで活用したいのがデンタルフロス(糸ようじ)です。

フロスはむし歯予防のアイテムだと思われがちですが、歯周病菌をかきだすことができる重要なアイテムです。

コメント

*
*
* (公開されません)