IgAの特徴

口腔内から体内に細菌、ウイルスが侵入するのを防ぐ、門番のような役割を担ってくれているIgA。具体的にどんなところがすごいのでしょうか?

特徴1たくさん分泌されている

唾液には100種類以上の物質が含まれています。そのなかの抗菌物質のうち分泌量が1番多いのがIgA!1日に50~100㎎も分泌されています。

特徴2いろんな細菌、ウイルスに働きかける

この物質のすごさは、その守備範囲の広さにあります。多くの抗菌物質は特定の細菌、ウイルスに働きかけますが、IgAは幅広い種類の異物に働きかけます。

 

特徴3風邪、インフルエンザの予防に有効

IgAが低下すると上気道感染症(いわゆる風邪)やインフルエンザにかかりやすいというデータが出ています。

 

マスクをして唾液が減りがちな今、積極的にIgAを増やし健康な毎日を目指しましょう!

 

コメント

*
*
* (公開されません)