唾液はウイルスと戦う

抗菌物質IgAはここがすごい!

~ウイルスの活動を邪魔する~

ウイルスを見つけるとすぐさま取り囲み、口の中の粘膜に付着しないように邪魔をします。

体内に入り込めなかったウイルスは、唾液の水分で洗い流されます。

~未知のウイルスと戦う~

抗菌物質のなかには特定の細菌にだけ働くものもありますが、IgAは守備範囲が広いのが特徴です。

怪しいと判断したら、どんなウイルスとも積極的に戦います。

~唾液の中にたっぷりと~

通常、1日に50~100mgのIgAが唾液腺から分泌されています。

唾液中のIgA濃度が高ければ高いほど、ウイルスへの感染リスクが減ります。

※唾液中にはほかにも抗菌物質がありますが、IgAが1番多く分泌されています。

コメント

*
*
* (公開されません)