6歳臼歯について

~6歳臼歯とは?~

6歳ころになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。

この歯は第一大臼歯と言い、一番大きく噛む力が最も強い大切な歯です。

また6歳ころに生えることから6歳臼歯とも呼ばれています。

~6歳臼歯はむし歯になりやすい~

奥に生えてくるので最初は気が付きにくい。

少し傾いて生えてくるので、歯と歯の間に食べかすが入りやすい。

歯の噛み合わせ面の溝が深く、食べかすがたまりやすい。

歯ブラシが届きにくいので、食べかすが残りやすい。

~6歳臼歯をむし歯から守るために~

6歳臼歯のむし歯予防には、本人、保護者、歯科医が力を合わせる必要があります。

本人→丁寧に磨く

保護者→仕上げ磨きをする

歯科医→歯科医院で予防処置をうける。

6歳臼歯は生え変わらない大切な歯なのでしっかりと歯磨きをしましょう!

コメント

*
*
* (公開されません)