ミュータンスレンサ球菌の特徴4

ミュータンスレンサ球菌の感染により、歯面の溶け始めが進むと、初期むし歯の発症に至ります。

これまで歯科医療の大部分は、レジンや金属による充填や被せものの治療でした。

しかし、早期診断・早期再石灰化治療で治すことができる疾患であることが分かってきています。

そのため、初期むし歯の治療には早期発見が大切です。

バイオフィルムが形成されると、唾液による再石灰化が阻害されるとともに、バイオフィルム内の酸により歯面の脱灰が進みます。

脱灰を抑え、再石灰化を促すためにはフッ素が効果的です。

定期的に歯科医院でクリーニングを受けてフッ素塗布もしていきましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)