さまざまな噛む方法1

私たちの全身の健康を守ってくれる唾液。分泌量を増やすポイントは噛む回数と時間にありました。

いったいどんな方法があるのか一緒に見ていきましょう!

☆薄味で調理する

薄い味で調理すると、脳が味を確かめようとして噛む回数が増えます。塩分や糖分をとりすぎることなく、より健康にも繋がります。

☆加熱時間を工夫する

野菜の場合、噛み応えがあるのはやはり生野菜です。

一方、魚や肉は加熱するとかたくなり、長時間煮込んだりすれば柔らかくなります。

噛む回数を考えて、素材に合わせて加熱時間を工夫するのも一つの方法です。

☆食材を大きめに切る

大きいものを食べると、飲み込めるサイズになるまで噛むので必然的に咀嚼回数がアップします。いつもの手料理に乱切りの野菜や、厚切りのお肉を加えてみるのもおススメです。

コメント

*
*
* (公開されません)